入れ歯治療に最も重要な要素は咬み合わせ

入れ歯が合わない

入れ歯が痛い

入れ歯で噛めなくなった

何度調整しても合わない

これは入れ歯に関するよくあるお悩みです。

 

入れ歯以外にも

前歯が折れた
虫歯ができやすい
歯がグラグラする
顎が痛い
顔がゆがんできた

いろいろな症状があります。

 

実はその全ての大きな原因には

「噛み合わせのバランスの悪さ」があるんです。

 

例えば、なぜ「虫歯ができやすい」ことと「噛み合わせの悪さ」が関係するのでしょうか?

咬み合わせが悪い、つまり歯が正常に並んでいないので、

その歯並びの悪い部分には当然虫歯菌が溜まりやすく、いつもバイキンが住み着いている状態になっています。

ですので、噛み合わせが悪い方のお口の中は虫歯でいっぱい、ということがよくあります。

 

また、前歯が折れた、

ということと噛み合わせの悪さとの関係は、一体どういう関係があるのでしょうか?

前歯が折れた、ということは、折れる前からもう既に折れやすい状態だった、ということが言えます。

 

歯は28本が正常に並んで始めてバランスを保っています。

その中でどこかの噛み合わせ(かみ合わせ)のバランスが崩れると、

前歯が本来耐えうる噛む力以上の負荷がかかって噛んでいることになります。

ですので、日々の咬む力で少しずつ、

前歯は折れやすい状態になっていっており、少しの衝撃や少しの咬む力である日突然折れてしまいます。

 

正常な歯並びであれば前歯はそうそう簡単に折れることはありません。

 

全ての治療において、吉本歯科医院では

「噛み合わせ(かみ合わせ)のバランスが歯科の治療には最も大切である」

と考えています。

 

ただ、噛み合わせ(噛みあわせ)の重要さは知識で理解はしてはいるけれど、

実際に患者さまの噛み合わせ(噛みあわせ)のバランスを正常に戻すことができる歯科医師はほんの少数だと思われます。

 

また、こういった歯科におけるきちんとした技工物を作製できる歯科技工士もほんの少数なのではないでしょうか。

 

どうして吉本歯科医院の歯科治療は、患者さまにとって最善の治療を提供できるのか、という理由は、

「噛み合わせ(噛合せ)のバランスを正常にする」という大原則に基づいてすべての治療を行っているからです。

 

歯科の治療といえば

悪い部分だけを治す

美しく見せる

ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

 

きちんと噛める

ということがあって初めて身体全体のバランスが整ってきます。

 

吉本歯科医院では「咬み合わせのバランスをきちんとする」ということを軸に

あらゆる歯科治療を行っております。

入れ歯のお悩みまずはご相談下さい。

噛めない痛い合わない外れやすい入れ歯でお悩みの方はまずはご相談下さい。